048-871-5687

お電話が通じにくい場合はこちらへ

 080-7307-9161

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】

歯ぎしりbruxism

歯ぎしり

歯ぎしりとは

歯をギリギリすり合わせたり、グッと噛みしめたりすること。
難しく言うと、上下の歯が非機能的な接触を生じている状態。無意識にしてしまうため、寝ている時はもちろん、じつは起きている時にも生じていることがあります。
また、ストレスや、睡眠が浅くなる飲酒や喫煙。こういったものが顎の周りの筋肉の緊張を誘発し、日中や睡眠時に歯ぎしり、食いしばりを起こします。
さらに、咬み合わせが悪く、顎や筋肉のバランスが崩れても起こってしまったりと様々な原因があります。

小児歯科

二次障害について

・歯への障害

欠ける、すり減ることにより歯の内部である象牙質が露出して、しみてくることもある。歯の形や位置が変わることで咬み合わせがずれてくることもある。

・歯の周りの組織への影響

歯を支えている歯根膜が炎症を起こして痛みを生じたり、歯がグラグラしてくる。ひどくなると周りの骨も減ってしまう。

・顎関節への障害

無理な力がかかると炎症が起こり、口の開け閉めの時に痛みが出てくる。ひどくなると口が開かなくなることもある。

ご自身で歯ぎしりのセルフチェック

・寝ている時に歯ぎしりをしていると言われたことがある

・歯ぎしりの音で起きてしまうことがある

・朝起きた時に顎が疲れている、もしくは痛い

・歯がすり減り、短くなってきている

・歯の形が平らでツルツルしている

・こめかみや、エラのあたりを押すと痛い

・歯がしみる

・歯が揺れる

歯ぎしりの主な種類

歯のこすり合わせ(グラインディング)

顎を左右にずらしてこすり合わせている状態。 歯がすり減ったり、グラグラし噛みしめた時に歯が痛む

歯の噛みしめ(クレンチング)

強い力で噛みしめている状態。顎が疲れ、こめかみなどの顎の周りの筋肉痛が起こる。

歯を鳴らす(タッピング)

カチカチと噛み合わせている状態。顎が疲れ、噛みしめると痛みを感じる。

小児歯科

歯ぎしりの治療法

咬み合わせの悪さが原因で歯ぎしりが起きている場合、まずはマウスピースを使って防止します。
マウスピースは普段噛みしめている上下の歯の間のクッション材となり、歯へのダメージを防ぐだけでなく、顎関節を適切な位置へ誘導することで、周りの筋肉の緊張を緩和することもできます。
また、咬み合わせを悪くしている原因となっている被せ物がある場合は、良い形に新しく作り直すことで改善することもあります。
ご自身で実践できる方法としては、顎の周りの筋肉のマッサージが効果的です。入浴中などリラックスしている時に、おすすめしています。

ネット予約ネット予約

アクセスアクセス

ブログブログ