048-871-5687

お電話が通じにくい場合はこちらへ

 080-7307-9161

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】

根管治療endo

根管治療

根管治療とは

菌によって感染してしまった歯の中にある歯髄(神経や血管)を専用の器具を用いて機械的に、またお薬を使って科学的に除去する治療です。
原因としましては歯の中にある歯髄(神経や血管)が虫歯の菌に感染してしまい、炎症が起こることで痛みがでてきます。

根管治療が必要な症状とは

・虫歯が進行し冷たいものや熱いもので強い痛みがでる
・痛みがあり噛めない
・何もしなくても痛みがある
・痛みが強く夜寝る事が出来ない
・歯茎の下の方が腫れる
・治療途中で放置してしまっている

歯の神経が残っている場合の治療方法 麻酔をしっかり効かせ、神経を取り除き、根の中がきれいになったのを確認後、菌が入らないように封鎖し被せ物を装着します
歯の神経が残っていない場合の治療方法 以前の治療で使用された薬などを全部取り除きます。 根の中がきれいになったのを確認後、封鎖し被せ物を装着します。一般的に以前根管治療を受けている歯の再治療の方が治療の難易度はあがり、治療回数が増える事が多いです。

抜歯しなければならないケース

しっかりとした手順、機材を用いての根管治療でも痛みが引かない場合、膿が止まらない場合、根の中で割れている場合などは抜歯になる事があります。
また、きちんと根幹治療を行わないと、根の中に汚染物が残ったまま被せ物が装着されているため、中で炎症が広がり痛みや腫れが出てきます。

痛みに対する配慮はどのようなことを行っていますか?

痛みが強い時は通常よりも麻酔が効きづらい場合が多く、処置中に痛みがでてしまうととても辛いため、事前に痛み止めを飲んでもらい、麻酔もしっかり行い、効かせてから治療に移ります。それでも効きづらい場合は、点滴で痛み止めを流したり、顎全体まで効く麻酔を行います。

 

 

よくある質問

Q1.使用している機器について教えてください。

・根管長測定器
・マイクロスコープ
・ニッケルチタンファイル

Q2.マイクロスコープの必要性はなんですか?

マイクロスコープは肉眼に比べ20倍の大きさまで拡大して見る事ができ、明るい光を使用するため奥深くまで見る事ができます。肉眼では見えない部分の確認ができ、また見落としを防ぐ事ができるため治療の精度を大きく高める事ができます。また、治療中の動画や写真を撮影し患者さんにわかりやすく説明することができます。

Q3.ラバーダムとはなんですか?

歯をゴムのシートで覆い、周囲の歯から孤立させて治療します。

Q4.ラバーダムを利用することによってどのような効果がありますか?

歯科治療全般、特に根管治療は口の中の菌との戦いです。
根管治療では根の中をきれいにするのが目的ですが、その際に唾液が根の中に入ってしまうと唾液の中の菌によって汚染されてしまいます。それによって治療の精度が下がり、治療後に痛みが出たりして再治療になる可能性があがります。ラバーダムによって歯を粘膜や周りの歯から孤立させることで、唾液の侵入を防ぎ治療精度があがります。また、根管治療で使用する薬品や器具から口の中を守ることができます。

Q5.感染症の予防など、衛生面で気をつけている点を教えてください。

可能な限り使い捨てのものを使用し、そうでない機材は医療用洗浄機と滅菌器を用いしっかり管理しています。

Q6.他院で治療途中でも相談・治療は可能ですか?

もちろん可能です。
他院で残すのが難しい、完治は難しい言われた場合でも、マイクロスコープ下での治療では可能な場合もありますのでお気軽に相談してください。

ネット予約ネット予約

アクセスアクセス

ブログブログ