048-871-5687

お電話が通じにくい場合はこちらへ

 080-7307-9161

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】

歯周病perio

予防歯科

歯周病治療の診療方針

歯科衛生士の担当制を導入しています

客観的な評価と患者さまの希望を合わせた最適なプランを担当歯科医師、歯科衛生士で作成し説明後、治療へ移行していきます。治療の内容は治療前後で説明し、写真やレントゲン画像を用い患者さまご自身に口の中の状況をしっかり理解してもらいながらすすめていきます。そして治療結果と希望に合わせ、その後のメンテナンスの間隔や方法を相談していきます。歯周病治療は長く、改善がすぐに見られないこともあり、辛抱強くおこなっていく必要があります。レントゲン画像や写真を用いたわかりやすい説明、最適な治療を行い、患者さまに寄り添ったケアをしていきます。

 

歯周病症状の段階

軽度歯周病

見た目 歯茎にわずかな腫れがあったり、赤みがある状態です。見た目ではあまり分かりにくいことが多いです。
痛み 歯ブラシ時の痛みや違和感を感じる場合があります。
日常生活の支障 歯磨きで出血することはありますが、日常生活に支障はほとんどありません

中等度歯周病

見た目 腫れが強くでてきたり、部分的に膿んでいる場合があります
痛み 歯ブラシ時の痛みや、触った時の痛みがあります。また、体調が悪かったり疲れが溜まっている時などは痛みが少し強めにでることもあります
日常生活の支障 痛みを感じる頻度が高くなってくるため、普段から気になる時間が増えてきます

重度歯周病

見た目 歯茎の腫れはもちろん、膿だけでなく歯の揺れがでてきます。
痛み 噛むと痛みがでてきます。また、何もしていない状態でも痛みを感じることが多くなります。
日常生活の支障 痛みで食事が取りづらくなります。また、歯の揺れも大きいため会話にも影響が出てきます。

 

歯周病・歯肉炎について

歯周病

歯周病は、歯と歯茎の境目に残った汚れの影響で歯を支える顎の骨が溶けてしまう病気です。

歯茎の腫れや痛み。顎の骨の吸収が進むと歯の揺れが起こり、最後には抜けてしまうこともあります。

歯肉炎

歯周炎は、歯茎の腫れはあるが顎の骨に異常は起こっていない状態のことを指します。

歯茎に軽度の腫れがあり、歯ブラシで出血することがあります。

歯周病になる原因

歯周病の原因は大きく 1.細菌 2.環境 3.全身的要素の3つに分類されています。

1、口の中にある歯周病原細菌が歯茎や骨に感染症を引き起こします
2、食習慣、アルコール、喫煙、ストレスなども歯周病の進行に影響します
3、免疫反応、遺伝的要素、年齢、全身疾患などが影響します

その3つが合わさることで、歯周病の様々な形で進行していきます。

歯周病になりやすい人とは

・汚れや歯石が口の中に付着したままの人
・定期検診や定期的なクリーニングをうけていない人
・糖尿病の方免疫力の低下を起こす病気をお持ちの方口呼吸の方

歯周病と全身疾患について

・歯周病と口臭
・歯周病と糖尿病
・歯周病と肥満
・歯周病と動脈硬化(脳梗塞、心筋梗塞)
・歯周病と骨粗鬆症
・歯周病と早産、低体重児出産
・歯周病と肺炎

歯周病で抜歯を行った方が良いケース

歯周病が進行し、歯を支える周りの骨が溶け、歯の揺れがでたり、大きく炎症が起きてしまっているケース

歯を抜かずに治療するメリット・デメリット

自分の歯が残せるため歯で噛むことはできますが、歯周病が進行したり、状態が悪い歯を長く置いておくことで周囲の歯への悪い影響がでてくる可能性があります。

歯を抜いた場合メリット・デメリット

歯周病の原因の歯であれば進行はとまります。しかし、噛みづらくなったり、抜いてできたスペースを埋める治療が必要になります。

歯周病セルフチェック 〜こんな症状の場合は歯周病かも〜

口臭を指摘された、または自分でも気になる方
歯ブラシで出血する方
歯茎からの出血がある方
歯茎に違和感がある方
歯茎が腫れている、膿がでている方
歯茎が大きく下がってきている方
歯の揺れがある方

歯周病治療の流れ

1、口腔内検査

口腔内をルーペやマイクロスコープを使用しチェックします

2、レントゲン検査

骨の吸収の具合や根の形などを確認します

3、歯茎、歯の検査

器具を用いて歯周ポケットや歯の揺れ、歯茎の炎症の具合を検査します。

4、評価

レントゲン画像や歯と歯茎の検査の数値などから歯周病の進行具合を評価します。

5、治療

専用器具を用いて歯茎の周りの汚れや歯石を取り除きます。

6、再検査、再評価

治療後の歯周ポケットや歯の検査を行い、治療の効果やの測定、メンテナンスに移行すべきかどうか再評価します。

7、メンテナンス

患者さまそれぞれのメンテナンスの計画をたて定期的な来院をおすすめします。

 

 

精密歯周病検査について(検査の流れ)

1、口腔内検査

口腔内をルーペやマイクロスコープを使用しチェックします

2、レントゲン検査

骨の吸収の具合や根の形などを確認します

3、歯茎、歯の検査

器具を用いて歯周ポケットや歯の揺れ、歯茎の炎症の具合を検査します。

4、評価

レントゲン画像や歯と歯茎の検査の数値などから歯周病の進行具合を評価します。

5、治療

専用器具を用いて歯茎の周りの汚れや歯石を取り除きます。

6、再検査、再評価

治療後の歯周ポケットや歯の検査を行い、治療の効果やの測定、メンテナンスに移行すべきかどうか再評価します。

7、再治療

1度目の歯周病の治療(汚れや歯石の除去)だけでは完全に改善しなかった部分に対して、より深い位置の汚れを除去していきます。

8、精密歯周病検査

より精度の高く、内容の多い検査を行い、治療の効果を確認していきます。この検査でも歯周病の残存する部位がみられれば、外科治療などの処置に移行していきます。

 

保険治療と自費治療の比較

保険治療の場合

使用できる機材や薬品の制限、治療間隔や期間にも制限があります。歯周病治療の一般的な流れで対応は可能です。しかし、患者さまにあった計画や機材、期間を設けることができないため、より精度の高い、効果の高い治療を希望される方には向いていません。

・検査内容、検査方法

保険診療のルールにそって検査(上記に記載)

・治療方法

保険で認められている機材、薬品を使用

・治療期間など

治療間隔は保険で決められているためそれにのっとっておこないます。

・保険治療の限界や制限など

複雑な治療、難易度の高い治療に対しては改善が難しい場合があります。

自費治療の場合

・検査内容、検査方法

マイクロスコープやCTを使用したより精度の高い、骨や歯茎の検査。また、唾液検査で口の中の唾液の質、菌の量や種類を調べることができます。管理栄養士による食事内容や食べ方などの検査も含めた全身との影響も調べることができます。

・治療方法

患者さまの希望に合う内容で上記に挙げた検査を計画します。 その結果に合わせてベストな治療プランを立て、同意の上、治療に移行します。

・治療期間など

患者さまそれぞれの状態で期間は大きく異なりますが、患者さまのペースに合わせた期間で行うことができます。

具体的な治療についてのお話

[保険治療の場合]
・必要な治療回数と費用の目安

軽度歯周病の場合 2~3回  約2500円~
中等度歯周病の場合 5~7回  約5000円~
重度歯周病の場合 10回以上 約7000円~

※初診料、再診料などは別

[自費治療の場合]

歯周病の状態、検査内容、治療内容によって異なるため相談してください

 

 

歯周病の予防について

歯科医院でできること

歯ブラシの使い方や磨き残しの確認を行い、より予防効果の高いケアの方法をお伝えします。また、セルフケアでは足りない部分を専門の器具を用いて補っていきます。

自宅でできること

歯科医院でお伝えした歯ブラシの使い方、おすすめした歯ブラシや歯磨き粉、清掃補助道具を用いてセルフケアします。

 

 

歯周病の治療法

スケーリングとは

歯の根に付着した汚れ(プラーク)、歯石、その他の沈着物を専用の器具を用いて除去する治療です。

スケーリングの必要性

歯石は普段の歯ブラシだけでは取り除くことが難しく、除去せずそのまま放置しておくと細菌の集まりやすい環境をつくってしまい歯周病が進行してしまいます。

治療で期待できる効果は

歯石などの汚れでできた歯の表面の段差がなくなるため、汚れが残りづらくなり歯ブラシの効果があがります。また、歯周病の進行を抑えることができます。

治療の特徴と流れ

口腔内検査や歯周ポケットの検査で歯石などが見つかれば器具を用いて除去します。

 

 

歯周組織再生療法

歯周組織再生療法とは

歯周病により骨の吸収が起こり、治療によって改善が見られない場合に材料を用いて骨の再生を促し、歯周病の改善を目指す治療です。保険内外両方の治療方法があります。骨のなくなり方や歯茎の形、状態によってできるケースとできないケースがあります。また、しっかりとしたセルフケアができていて、健康状態が良好な方でないと行えない場合も有ります。

保険内

リグロス

治療期間やケースが限られる保険に認められてからの期間が短く、使用されてきた期間が短い、保険外に比べると治療費が安い

歯の本数により約10000円~

 

 

保険外(材料)

エムドゲイン

・保険外のため治療の期間や間隔は自由 ・使用できるケースの幅が広い
・厚生労働省の認可がおりてからの期間が長く、世界各国で使われているため信頼性が高い
・高い治療効果も期待できる
・保険内に比べて治療費が高い

歯の本数により約50000円~

また、人工骨や保護膜など他の材料との併用で効果の高い治療法を選択することもできます。

歯周外科治療(フラップ手術)

フラップ手術とは

歯の表面から歯茎をはがし(ずらし)、根の表面に付着した汚れや歯石などを直視できる状態にする。その上で、そういった感染源を取り除き根の表面を清掃する。その後、はがした(ずらした)歯茎を戻し、縫います。

どんな症状の時に行う治療なのか

歯茎の中の器具が届かない部分に歯石などが残っている場合。歯周病治療によって改善せず、深い歯周ポケットが残っている場合に行います。

治療で期待できる効果は

歯茎の中の感染源が除去されることで、炎症がなくなり歯茎が引き締まります。それにより歯周ポケットが減少し、歯周病が改善します。

 

歯周病の治療例

歯周病の治療例を多数掲載致しております。

歯周病の治療例を見る

 

ネット予約ネット予約

アクセスアクセス

ブログブログ