048-871-5687

お電話が通じにくい場合はこちらへ

 080-7307-9161

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】

小児歯科pediatrics

小児歯科

 

アズ歯科の小児歯科の特徴

小児歯科

お子様のお口の中は年齢によって大きく変化します。

・乳歯が生え始める時期
・乳歯と永久歯が混在している時期
・永久歯が全て生え揃い、顎の成長も起こる時期

どの時期においても歯並びが安定している期間は短く、とても歯磨きがしづらい期間が多いです。

また、乳歯や生えて間もない永久歯は虫歯になりやすく進行もとても早いです。
虫歯になっていてもお子様が痛みを訴えてこなければ気づかない場合もありますし、自宅での仕上げ磨きだけでは暗くて奥歯までしっかり確認できないこともあります。
そのため、定期的な歯科医院での検診やフッ素塗布がとても大事になってきます。

アズ歯科のキッズスペース

小児歯科

当院では、まずお子様が通いやすい環境を作る事に力を入れています。
キッズスペースを2カ所に設置し、絵本やおもちゃ、大きな水槽もあります。

また、ベビーカーのまま診療室に入ることも可能ですし、診療室内にもキッズスペースを確保しているため、お子様の横で診療を受けることも可能です。

子供にとって楽しい歯医者

小児歯科

お子様に歯医者は怖くない、楽しい場所といったイメージを持ってもらえるのを目標にしています。
また、当たり前ではありますが、『虫歯にしない事』がとても大切だと考えています。

そのためには保護者の方の協力が必要になってきます。毎日の仕上げ磨きはとても大変ですが、その質をあげることにより虫歯の発生を防ぐことができます。

当院では、保護者の方への磨き方の指導を行い、お子様のお口の中の写真を用いて虫歯になりやすい部分、染め出しによる磨き残しの部分をお見せしています。

また、お子様の食事、おやつなどへのアドバイスも可能ですのでお気軽にご相談ください。
家庭でのセルフケアへの指導と歯科医院でのプロフェッショナルケアでお子様のお口の中の環境を守るお手伝いができればと考えております。

子供の虫歯

子供が虫歯になる原因

小児歯科

お菓子やジュース、食べ物などに含まれる糖質が口の中にとどまる事で、歯の表面が少しづつ溶けてしまいます。また、お子さん自身での歯磨きでは不十分なため磨き残しが多く残ってしまうのも原因の一つです。虫歯自体が直接うつることはないですが、虫歯を放置しているとその菌が周りの歯にも影響するため虫歯が増えていきます。

虫歯にならない為に気をつけるポイント

小児歯科

虫歯の原因になりやすいのは、糖質の量よりもそれを摂取する頻度です。一度に多くのものを食べるよりも、アメなどのようにダラダラ食べて口の中にとどまる時間が長い方が虫歯になるリスクはあがります。そのため、食べる時間をしっかり決め、一度に出した量だけですませるようにしましょう。また、磨き残しがないよう仕上げ磨きとフッ素の使用をおすすめします。フッ素の使用頻度や食生活、歯磨きの精度、またお子さんの歯並びや唾液の質によっても、虫歯のなりやすさは大きく異なります。

子供の虫歯予防

歯医者で行うケア・磨き残しの確認と歯磨き指導
・クリーニング
・フッ素塗布
自宅で行うケア・フッ素を含んだ歯磨き粉を使用
・仕上げ磨き

 

乳歯の虫歯

乳歯が虫歯になる原因

小児歯科

虫歯の原因は菌です。
生まれたばかりの赤ちゃんには虫歯の菌はありません。両親や周りの人の口の中の菌が移るところから始まります。年齢関係なく歯があれば虫歯になる可能性はあります。そのため、子供の食事に使うスプーンなどに口をつけるのはやめ、それぞれ別々のものを使用しましょう。

また、親子で安全にスキンシップを取るために、親もお口のケアをしっかり行う必要があります。定期的に歯科医院を受診し、良好な口腔内環境を維持しましょう。

虫歯にならない為のケア

・仕上げ磨きをする
・可能であればフロスを使用する
・フッ素の使用と歯科医院でのフッ素塗布
・糖質の多い食べ物、飲み物を控え、摂取する時間をしっかり決める
・定期的に歯科医院を受診する

乳歯の治療方法

小児歯科

小さい虫歯であれば、削り樹脂製のプラスチックで治します。大きい虫歯であれば、根の治療や被せ物を作ったり、抜歯になってしまう場合もあります。

 

赤ちゃんの歯

赤ちゃんの歯が生える時期

小児歯科

前歯は生後半年ころ、全部の歯が生えそろうのは2歳半ころが一般的です。
前歯から順番に後ろに生え進んでいきます。生えてくる時期はに個人差があるため多少のずれは心配いりませんが、気になる場合は早めに歯科医院を受診してください。

生えてこないケース

生える時期は個人差があるため少し遅い程度は問題はないと思います。
しかし、歯の本数がもともと少なかったり、何かが原因で生えてこない場合もありますので、歯科医院の受診をおすすめします。

 

 

赤ちゃんの歯磨き

歯磨きを始める時期

小児歯科

歯が生え始めたら歯磨きが必要です。
しかし、赤ちゃんの口の中はとても繊細ですので、最初から歯ブラシを使用して不快な思いをさせてしまうと歯磨きを嫌がるようになってしまいます。

最初はガーゼなどを用いて優しくぬぐってあげましょう。その後シリコンタイプのものや毛が柔らかくヘッドの小さいものから始めると良いと考えます。また、喉の奥まで入り込まないデザインのものもあります。

歯科医院を受診しおすすめの歯ブラシを提案してもらいましょう。

歯磨きを嫌がらせないコツ

小児歯科

口の中を触られるのが嫌にならないように接していくのが大事です。

・顔や口まわりを愛情をもって優しく触れる
・ガーゼなどで口の中を優しく拭う
・親や兄弟が歯磨きしているのを見せる
・シリコンタイプのものや喉の奥に入り込まないようなものを使い歯ブラシに慣れさせる

こういった手順を少しずつ進めながら歯磨きに対する嫌なイメージを持たせないようにしましょう。そして慣れてきたら味付きの歯磨き粉などを使うのも効果的だと思います。

子供の検診

診療の流れ

  1. 全体の検査
  2. 口の中の写真撮影
  3. 染め出し
  4. 染め出した状態での写真撮影
  5. 歯磨き指導(お子様と保護者の方に)
  6. 汚れの除去
  7. フッ素塗布

検診ごとに写真撮影

小児歯科

当院では可能なお子様であれば、できるだけ検診ごとに口の中の状態を写真で撮影し記録します。
そうすることにより、虫歯や生え変わり、歯並びなど前回の検診時と変化がある部分の確認もできますし、磨き残しの部分もチェックできます。また、保護者の方への説明にも使用できます。



回数を重ねて健康な歯を

小児歯科

最初のうちは怖がってしまい写真の撮影や染め出しがうまくできなかった子も、回数を重ねていくことで、少しずつ色々な器具を使うことや処置をうける事ができるようになっていきます。
慣れてくるとスタッフと一緒に遊んだり、キッズスペースから帰りたがらなくなったり、毎回検診に来るのを楽しみにしてくれている子もいます。

4歳の男の子のお口の中の写真

小児歯科

検診に少しずつ慣れていくと最初は1枚しか撮れなかった写真が、鏡を使用して5枚も撮影できるようになります。

『治療の経験、痛い経験がなければ歯医者は怖くない』
これを目指してお子様の虫歯予防に力をいれています。

保護者の方の了承を得れれば、お子様の検診であっても1時間程度の時間を使い、しっかり歯磨き指導、お掃除、フッ素塗布を行っています。

子供の治療

小児歯科

お子様が嫌がる時には無理に処置を進めません。
本人が頑張って治療にのぞめるようお手伝いしますし、怖がってしまい治療が難しそうであれば少しずつ段階を踏んで、できることを増やしていきます。

処置の際に麻酔が必要な時は表面麻酔を使用します。
また、使用する麻酔の針は33G、歯科で使用する針の中で最も細いものを使用し痛みに配慮しています。

治療前後、治療中で写真と動画を撮影します。
処置した部分や虫歯を見せることでお子様本人も歯磨きを頑張ろうというモチベーションにもつながります。
がんばった子にはガチャガチャのプレゼントがあります。

小児歯科

検診時や治療時の写真を診察券アプリを通じて保護者の方の携帯に送ることもできます。
ご希望の方はスタッフまでお伝えください。


詳しく見る

小児歯科の治療例

小児歯科の治療例を多数掲載致しております。

小児歯科の治療例を見る

 

ネット予約ネット予約

アクセスアクセス

ブログブログ