048-871-5687

お電話が通じにくい場合はこちらへ

 080-7307-9161

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】

ホワイトニングWisdom tooth

ホワイトニング

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは自宅で行うホワイトニングです。
歯科医院で専用のトレーを作製し、トレーの中に薬剤を入れ数時間装着することでホワイトニングの効果がでます。

対象の方

・歯を白くしたい方
・歯の黄ばみが気になる方
・被せ物を作る際、全体の歯の色をきれいにしたい方
・治療終了後の仕上げとしてホワイトニングをしたい方

ホームホワイトニングの流れ

1. カウンセリング

患者さまの希望をお伺いします。どの歯が気になるのか、どれくらいの色にしたいのか。 そこから、患者さまの生活スタイルによって使用方法を検討します。 そしてホワイトニングの具体的な治療法、金額、期間、リスク、注意事項などを細かく説明させていただきます。

2. 型取り

歯型をとり、患者さまそれぞれに合ったオーダーメイドのトレーを作製します。

3. トレーのお渡し

完成したトレーを患者さまの口に合わせ、必要であれば調整します。 また、使用方法を説明し薬剤もお渡しします。 また、その時点での歯の色の確認や使用前の写真を撮影します。

4. ご自宅でホワイトニング開始

だいたい1~2週間程度で来院していただき色の変化や使用感を確認します。 希望の色まで変化していなければ継続して使用していただきます。 患者さまの満足する時点まで継続後、写真を撮影し使用前後を比較し、終了します。

5. 検診

定期的な検診時に歯の色の変化が起こっていないかの確認も行います。 変化の程度や希望によって薬剤を追加で購入していただき再度使用することも可能です。

メリット・デメリット

メリット

・自宅で好きな時間にでき、また途中での中断も自由なため、生活スタイルやスケジュールに合わせて行う事ができます。 日本人の平均の歯の色(A3やA3.5)から2週間ほどの使用で、白さが実感できる程度にまで白くできます。(ただし、色の変化の程度や速度は個人差があります。)
・オフィスホワイトニングよりも歯の白さを長く保つ事ができます。
・追加で薬剤を購入することもできますので、トレーが変形したり、虫歯などで歯の治療を受けたりしない限りは何度も使用することができます。

デメリット

・オフィスホワイトニングに比べ、色の変化のスピードが遅いため使用期間が長くなってしまう場合があります。
・自宅での使用時間を確保する必要があります。
・しみる症状が出てくる場合もあります。その場合は少し休む期間を作れば症状はなくなります。

 

 

オフィスホワイトニング

歯科医院で専用の機械を使用して行うホワイトニングです。

対象の方

・大切な予定があり早く歯を白くしたい
・自宅での複数回の使用が手間に感じる方
・被せ物を作る際、全体の歯の色をきれいにしたい方
・治療終了後の仕上げとしてホワイトニングをしたい方

オフィスホワイトニングの流れ

1. カウンセリング

患者さまの希望をうかがいます。どの歯が気になるのか、どれくらいの色にしたいのか。 そしてホワイトニングの具体的な治療法、金額、期間、リスク、注意事項などを細かく説明させていただきます。

2. ホワイトニング

担当衛生士が行います。 処置前に色の確認と写真を撮影します。 専用の薬剤を歯の表面に塗り、機械を用いて歯に光を照射し色の変化を促します。これを何度か繰り返し、歯の表面をコーティングして終了です。 1回の処置全部で2時間ほどかかります。

3. 色の確認

1週間程度で色が落ち着いてくるのを待ち、処置前後の色の比較をします。 患者さまの希望の色まで変化していれば終了とし、定期検診に移行します。

4. 再ホワイトニング

希望の色まで変化していなければ再度ホワイトニングを行います。

5. 色の確認

再ホワイトニング後の色を確認します。 問題なければ終了です。

2度のホワイトニングで終了になる方がほとんどです。

メリット・デメリット

メリット

・短い時間で歯を白くでき、数回の来院で希望の色まで変化させることができます。
・自宅での使用物がないため煩わしさがありません。

デメリット

・ホームホワイトニングに比べ、歯の白さを維持できる期間が短い場合があります。
・1回の歯科医院の滞在時間が長くなります。
・1回ごとに金額がかかるためホームホワイトニングよりも金額が高くなる場合があります。

 

 

デュアルホワイトニング

ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを併用するホワイトニングです。 まずオフィスホワイトニングを行い1段階白くしてから、ホームホワイトニングで少しずつ色を調整していきます。

対象の方

・歯の白さを維持したい方
・はっきりとした白い歯が希望の方

メリット・デメリット

メリット

・ホームホワイトニング単体より短い期間で行えます。
・歯の色の調整が行いやすいです。
・歯の白さを長期間保つことができます。

デメリット

・費用が多くかかる場合があります。

 

 

ウォーキングブリーチ

神経を取る処置を受けている歯の色がかわってしまった場合、上に挙げたホワイトニングでは効果が発揮されないことが多くあります。 そんな歯でも白くできるのがウォーキングブリーチです。 また、セラミックなどで被せ物を作る場合に土台となる歯の色が黒いと、その色が影響して、セラミックが少し暗く見えてしまう場合があります。 被せ物の前処置として行う場合もあります。

対象の方

・神経がない歯の色が気になる方

ウォーキングブリーチの流れ

1. カウンセリング

患者さまの希望をうかがいます。どの歯が気になるのか、どれくらいの色にしたいのか。 そしてホワイトニングの具体的な治療法、金額、期間、リスク、注意事項などを細かく説明させていただきます。

2. レントゲン検査

以前受けている神経の治療自体が問題ないか、歯の内部で問題が起きていないか、虫歯ができていないかレントゲンを撮影し確認します。

3. 根管治療

歯の内部に問題がある場合、根管治療を行います。 歯の内部や根の先に菌が溜まっているような状態でウォーキングブリーチを行って白くなっても、その後痛みが出てきたり、再度やり直しになってしまう可能性があるからです。

4. ウォーキングブリーチ

歯の内部がきれいになった事が確認できたら、専用の薬剤を入れる。 多くの場合、歯の裏側から小さな穴を開け、そこから薬剤を流し入れます。 裏側は仮の詰め物で封鎖します。

5. 色、状態の確認

1週間程度で来院していただき、色、状態を確認します。 まだ白くなっていなければ薬剤を交換します。 通常2~3回程度繰り返します。

6. 詰め物

歯の色が希望の色まで変化したら、内部の薬剤を除去し、穴を樹脂製のプラスチックで封鎖し終了です。 その後は定期検診などで色の変化がないか確認していきます。

メリット・デメリット

メリット

・神経がなくてもホワイトニングが可能。
・被せ物で治さなくても済みます。

デメリット

・残っている歯の量で治療できない場合があります。
・ホワイトニングの対象の歯が1本のみ。
・まれに痛みがでることがあります。
・根管治療が必要になる場合があります。

 

 

歯肉移植

歯がない部分は周囲と比べ骨や歯茎が陥没してしまいます。 この部分に被せ物などの処置をした場合、周りよりも歯が長くなってしまう事があります。 こういった部分にご自身の歯茎を移植し歯茎をのボリュームを増やし審美性の改善、清掃性の改善を目指す治療です。 また、歯がある部分でも歯茎が下がってしまい、根の一部が露出してしまっている場合や歯茎が薄くなっていて汚れがたまりやすい場合にも適用できます。

メリット・デメリット

メリット

・歯茎の形を変えることができるため、見た目を改善できます。
・汚れがたまりやすい部分の改善ができます。
・被せ物を作る際により審美的に行えます。

デメリット

・外科処置が必要です。
・処置後、経過をみる期間が必要です。
・保険適用外です。

ケースによって処置方法や期間、金額が異なるため気になる場合はお気軽にお問い合わせください。

ネット予約ネット予約

アクセスアクセス

ブログブログ