048-871-5687

お電話が通じにくい場合はこちらへ

 080-7307-9161

桶川市の歯医者【アズ歯科 桶川院】

予防歯科preventive

予防歯科

当院の予防歯科の特徴

予防歯科とは

虫歯になったり、痛みが出てから治療するといった今までの治療法ではなく、症状のないうちから健康な状態を保ち、全身の健康増進を目指す治療です。

当院の診療体勢

当院では歯科医師、歯科衛生士は完全担当制で治療を行っていきます。継続的な口腔内の管理を行うには毎回同じ者が担当しチェックしていくべきだと考えています。また、保険内治療にとらわれることなく最適な治療法を検討し提示していきます。

予防歯科の重要性

口腔内の状態が全身の健康に影響するということが近年周知されてきています。しかし、口腔内の正しい管理方法を理解し実践できている方はまだ少ないように感じます。虫歯に一度なってしまった歯は治療によって元に戻るのではなく、人工物によって修復されます。失った歯は戻ってきません。どんなに綺麗な被せ物でも健康な歯に比べ再びダメになってしまう可能性はあります。健康な歯を守ることはとても大切なことです。健康な状態を維持するためのサポートができる治療が予防歯科です。

定期健診について

定期健診でわかること

虫歯の有無、歯肉の状態、顎関節、噛み合わせの状態被せ物の問題の有無、歯周病の有無磨き残しの有無、患者さまの磨き方など

定期健診を行うメリット

初期の虫歯の発見や歯肉の状態をチェックすることで歯周病の進行をチェックできます。患者さまのセルフケアだけでは取りきれていない汚れを専用器具を用いて落とすことができます。また、患者さまの普段の磨き残しや食習慣の確認からより予防効果の高いセルフケアの提案も可能になります。それを継続することで患者さまのモチベーションの維持にも繋がります。

定期健診でやること

口腔内の診査、レントゲン撮影、歯周組織検査、口腔内写真撮影、磨き残しの確認などを行い前回までの状態と比較します。それによってセルフケアの不足している部分をチェックしプロフェッショナルケアを行います。また、治療が必要な箇所があれば治療に移行していきます。患者さまの希望や必要に応じて顎関節や口腔周囲筋肉の検査、噛み合わせの検査、唾液検査、食習慣の確認なども行います。

治療が終了し口腔内の安定が確認できたら、メンテナンス期間に移行します。

◆定期健診のペース

口腔内の管理ができていて安定している方であれば半年に1回程度の定期検診をお勧めします。歯周病の状態や口腔内の状態によっては2~3ヶ月に1度や毎月の検診を行う場合もあります。

 

 

医院で行う予防歯科メニュー

◆シーラント

シーラントは、樹脂製のプラスチックを歯の溝に一層埋める治療です。

汚れが残りやすい溝を埋めることで虫歯を予防できます。
樹脂製のプラスチックを歯の溝に一層埋める治療です。生えて間もない乳歯や永久歯は表面が未成熟で弱く、溝もはっきりしているため虫歯になりやすい状態です。その時期に予防として行うことが多いです。

◆フッ素塗布

歯表面を機器を使って磨いた後、フッ素の塗布を行います。

フッ素は、再石灰化を促し、歯の表面を強くし、虫歯予防につながります。
使用するフッ素の濃度や年齢によって頻度がかわってきます。患者さまと相談後頻度を決定します。

◆PMTC

歯科医院にある専用の機器を用いて、歯の表面の汚れや歯石を取り除きます。

セルフケアでは取りきれない汚れも除去でき、表面が滑沢になるため汚れも付着しづらくなります。
PMTCは、定期検診の都度行うのをお勧めします。

ネット予約ネット予約

アクセスアクセス

ブログブログ